トップページ > ボランティア・市民活動一覧 > 災害ボランティアセンター

ボランティア・市民活動

災害ボランティアセンター

 災害ボランティアセンターは、被災者の自立と生活支援に資することを目的として、ボランティアの力を被災者の生活支援につなぐ仕組みです。

 秋葉区における災害ボランティアセンターは、新潟市秋葉区および近隣地域において災害が発生した時、「地元主体・地域主体」を念頭に、障がい者やひとり暮らし高齢者など、特に支援が必要な方を優先しながら最終的な復興まで一貫して関わる姿勢を重要とし、社会福祉協議会、行政、NPO、大学、青年会議所、住民組織、ボランティアグループ等の団体が協働して、被災者を支援したいというボランティアの想いと、被災された方々や地域とをつなぎ、『被災地と被災者主体による復旧復興支援』を目指した災害ボランティア活動を進めていくことを目的としています。

 秋葉区社会福祉協議会では、有事の災害ボランティアセンター立ち上げのほか、平時からの災害ボランティアセンター設置訓練を地域と協働実施し、地域住民への意識啓発と具体的対策を考える機会を提供してまいります。