トップページ > 総合相談一覧 > 日常生活自立支援事業

総合相談

日常生活自立支援事業

認知症高齢者や知的障がい・精神障害のある方で、判断能力が十分でない方が、生活に必要な福祉サービスを利用しながら地域で安心して暮らすことができるように、福祉サービスの利用援助やそれに伴う日常的な金銭管理などの援助を行い、地域生活を支援します。

■具体的なサービス内容

 1.福祉サービス利用のお手伝い
 2.日常的なお金の出し入れ・支払
 3.大切な書類などの預かり
   (定期預金通帳・年金証書・権利証・実印などを貸金庫でお預かりします。)

サービス提供は、ご本人・新潟市社会福祉協議会の二者間での契約に基づいて行います。
具体的な援助は、ご本人と相談の上、支援計画を作り、契約締結後は、あなたのお近くの生活支援員がお手伝いします。
サービスには、利用料などが必要です。(生活保護を受けている人は、全て無料です。)

●詳しくは、新潟市社会福祉協議会ホームページをご覧ください。
新潟市社会福祉協議会ホームページ